ナット・サドル材あれこれ・・

May 22, 2018

ナット・サドルはギターの音を決定すると言っていいくらい

大事なパーツです(まぁ、私が言わずとも皆様ご存じかと)。

 

 ミサハマギターのオススメは、やはり「牛骨」ですね。

こと、低価格モデルのギターのナット・サドルは基本的に「プラスチック」

硬いユリアという樹脂ですので、悪くはないのですが、やはり量産型なので

成型時に必要な「穴」が開いている訳です。音的にはマイナスですね。

 

結局、「硬い」材を使えば、サスティーンの良い、伸びる高音になります。

オーソドックスな素材で言えば・・・

   

 

真鍮(ブラス)⇒象牙・牛骨⇒樹脂⇒木

   

 

となるんじゃないかな、と(私論です)。

 

「なんじゃい?象牙ってそんなもん?」いやいや、私の中ではやはり、

「象牙マジヤバ!」最高やと思います。

伸びだけでなく、温かみも合わせ持つのが「象牙」の魅力。牛骨に比べて

音がまろやか~に、温かく感じます(^^)

ただ、トップやサイド・バック材との相性もあります。一概に「牙や骨」が

全て最高って訳やないです。

 

例えば「メイプル材」・・・これに「牛骨」ナット・サドルを換装させると

メイプルの硬めな音に骨独特の「キーン」とした伸びが合わさって、たまに

違和感を感じる事があります。

 

FGで言えば、FG-110。骨でやってしまって「あれ?音が硬すぎる?」と

感じた事もあります。

メイプル仕様のギターには、プラスチックもまんざらではないって事です。

エボニーとか、木でも面白いかも?

 

牛骨でキーンと伸びすぎた感を抑えるのに、ブリッジピンを木製に換えて

音を落ち着かせると言った方法もあります。

音色は個人差が激しいので、作成依頼される前にご相談頂いた方が良いと

思います(^^)

                                                  

 

ミサハマギターでは、ナット・サドル材に「象牙」「牛骨」「水牛角」

そして「エボニー」があります。

ご指示頂ければ、作成いたします(^^)

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

注目のブログ

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新のブログ
Please reload

アーカイブ