占領下日本の時代

何気なく、古いピックギターを入手いたしました。



鈴木バイオリン社のギターです。

当初は研究材料として、解体する予定だったのですが、

fフォールから見えるラベルを見てビックリ!



「MADE IN OCCUPIED JAPAN」

そう「占領下日本製」の文字が・・・!

1947~1952年の間、日本から海外に輸出されるものには

この「占領下日本製」の文言を記載するよう、GHQから

通達があったそうです。


「占領下日本」

私とて知らない世界です。今の日本からすれば、全く

考えられない時代背景ですよね。

こんな時代に、よくもまぁこれほどのギターを作ったと

感動さえ覚えます。

音もなかなか古風で、いい感じなんですよ♪


ポコポコと何かが剥がれた音がしていたので、分解は

やめにして、ちゃんとリペアしてあげるつもりです。



まぁ、結局バックは剥がしてしまいましたが(笑)


注目のブログ
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新のブログ
アーカイブ
タグ
フォロー
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです