ナット・サドル材いろいろ その①

こんにちは。ミサハマギター店主 ミサイル濱野です。

ギックリ腰にやられて、はや1週間・・・やれやれ。


さて、今回は当店で扱っているナット・サドル材を

ご紹介いたします。素材によって微妙に音が変わり

面白いものです。

あくまでも私の「私感」ですが、紹介してまいります!


まずは、一番オーソドックスな「牛骨」


漂白タイプと、オイル漬けタイプがあります。

高級ギターでは標準仕様となってますね。それだけ定評のある材と言えます。

印象は「クッキリハッキリ」プラスチック製よりも高音が伸びて、音自体に

ハリが出る感じです。ローズ系のギターには相性がいいと思います。

メイプル系のギターでは、さらに元気な音になる感じもします。


次は、一番高級な感じがします「象牙」


高級ギターには装着されております。ヤマハFGでも70年代の高級ギターには

標準仕様で装着されてましたね(FG-1200J等)。

独特の模様が見られますが、最高級材になるとあまり模様が見られません。外側の

皮に近い部分ほど、縞模様が見られていい感じですが、材としてはグレードの低い

ものだそうです。ただ、あくまで「超高級印材」としてはですけどね。


音質は、牛骨と同様高音の伸びが期待出来ます。しかし、音のハリが牛骨のそれより

マイルドで、なんともウォームな感じの優しい音に感じられます。

非常に上品な音になります。FG-180に着けたことありますが、元気良さが少しだけ

マイルドになり、落ち着いた感じになりました。

けっこう高い材ですが、それだけの価値はあると思います。



次回はまた、違った素材をご紹介いたします(^^)


読んで頂き、ありがとうございます!

注目のブログ
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新のブログ
アーカイブ
タグ
フォロー
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです