The FGかFG5か50周年か!?

The FGも数本在庫しております。だんだん良い個体が

少なくなってきました。多分オーナーさんが手放さないで

弾き続けてはるんやと思います。


とにかく、持った瞬間に「軽っ!」て思うはずです。

実際、ホンマに軽いです。衝撃的な軽さです。軽いギターは

バリンバリン元気な音です。


FG180-50TH。2016年のFG誕生50周年に限定販売されました。

ライトグリーンラベル時代のヘッドロゴがナイスでした。発売当初

「中国製やん!」とバカにした人が多くおられました。くだらん・・。

音を聞いてから言え!と(心の中で)思ってました。

The FGとは違う、深い響きがあります。何で650mmスケールやねん!

思わずツッこみ入れましたけどね(笑)


すみません。写真が無かったのでFG3が緊急登板!

FG5はスケールこそThe FGと同じですが、ARE処理がされていて

音が結構マイルドな感じに味付けされております。

FG3のナット・サドルを牛骨に換えたら、ほぼFG5チックな

音色にはなりますね。


スペックはほぼ同じ。見た目もほぼ同じ。

ただ、音はそれぞれ違いますね。

個人的な感想として・・・

一番「FG-180」に近いのはThe FG(音的にね)。

FGの皮を被ったLL-16がFG180-50TH。

LL-16M(マホガニー仕様)と同じ感じの音です。

両方の良さをうまくブレンドしたのがFG5。


私はそんな感じで見ております。

​バックナンバー
アーカイブ
タグ
フォロー
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon