Martin D-28 いろいろリペア完了 

移転前にマーチンD-28をお預りしておりました。

かなり酷い状態で運ばれてまいりました・・・。そんなギターを

見ると何とかしたらんと!と思う訳です(出来る範囲で)。

予算もありますし、その中でやれるだけ。


あ・・・新規作業場完成しました!


新作業場です。作業台が2つになり、アイロン掛けながら他の作業が

出来るようになりました。5年ちょい掛かって、ようやくこましな

住宅に引っ越せました。家賃も上がりましたが・・。


完了後の写真です。なかなかの貫禄です。

割れや傷だらけですが、よく弾きこまれており、リペア前でも

ええ音出てました。

今回のリペア内容

・ネックリセット

・バックバインディング全部剥がれ・・新規巻き直し

・バックブレイシング、ほぼ全て剥がれ・・接着

・ブリッジ浮き補修(再接着)

・フレット修正(バリ取り、擦り合わせ、山付け)



バックバインディングが白かったので、表と同じ色に塗装・・・って

書けばカンタンですが、なかなか同じような色にならんのです。

薄く薄く塗って、色を重ねていきます。しんどかった・・・

まぁ、ビンテージっぽく最後少しウェザリングを。ガンプラか!


ネックリセットかけたので、サドルの高さも稼げました。

当初、1mmあるかないかのサドルも、3mmくらいまでに!これでも

弦高が12Fで2.2mm/1.7mm。弾きやす~い!

ピンも痛んでたので、エボニーピンに。雰囲気ええんちゃうかな?


てな感じで完了。

あとはオーナー様のお裁きを受けるのみ!さてどうなることやら!?

​バックナンバー
アーカイブ
タグ
フォロー
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon