特別国際種事業登録、完了!!

November 6, 2018

管理人のミサイル濱野です。

 

ナット・サドル材として、音質が非常に良くなる事でお馴染みの

「象牙」。TUSQ材が人工象牙として流通しておりますけれども、

やはり天然素材の良さには敵わないのでは・・と思います。

 

ご存じの通り、象牙は輸出・輸入が厳しく規制されております。

所謂「ワシントン条約」ですね。ギター材でも、ハカランダや

ローズウッドが同じくワシントン条約により輸出入が制限され、

なかなか手に入りにくくなっているのが現状です・・というか、

象牙はもう、輸入出来ないのであるだけで終わりですけど。

 

そんな「象牙」を取り扱うのには「事業者登録」が必要です。

ゆーても、私も数か月前に知ったんですけどね(汗)

1本牙の、骨とう品やで売っているものだけではなく、小さな

象牙パーツを加工して販売するにも、事業者登録をしないと

あかんという事です。

 

 事業者登録、完了いたしました!!

これで、正々堂々と象牙パーツを販売可能となります(^^)

もちろん、材料の象牙も、同じく事業者登録している業者様からの

購入とさせて頂きました。

違法に入手された象牙で作ったパーツなんか、嫌ですからね♪

 

 

登録には、The FGが1本くらい買える費用掛かりましたが(涙)

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

注目のブログ

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新のブログ
Please reload

アーカイブ