ナット・サドルの素材

November 4, 2018

当店では、ナット・サドルを音質向上のため、硬い天然素材

「牛骨」で製作、交換する事が多いです。

 

ローズウッド・マホガニーのギターには最適ちゃうかな~と。

逆に、メイプル材のギターでは音が暴れてしまう事があるので、

使用の際は少し気を使います。

 

ならば、プラスチック(樹脂)製のはアカンのか?

 

オリジナルは、プラスチックのナット・サドルが多いですが、果たして

プラスチックはアカンのでしょうか?

 

 まろやか~な音がお好きな方には、プラスチック製が最適です。

そりゃ、象牙が一番まろやか~な音しますけど。

ナット・サドルは「ユリア」という樹脂で出来ております。

硬度的には固いプラスチックです。特性としては◎ですね(^^)

 

個人的指標

・樹脂:柔らかい。暖かい音がするものの、高音の伸びはイマひとつ

・牛骨:硬い。故に高音域が伸びる傾向にある。音量も出てくる

・象牙:硬い。牛骨ほどシャキシャキ感はないが、それを補って

余りある、マイルドかつ低音が響く。非常に高価・・・

 

その他、大理石、人工大理石、水牛の角、TUSQ・・・

いろいろ材料あります。個人的には大理石が面白そう!!

またこしらえたら、こちらでもアップします♪

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

注目のブログ

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新のブログ
Please reload

アーカイブ