© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです

ミサハマギターがオススメします、FG黒ラベル。その中でも

ジャンボボディー中位機種、600Jは音質と価格のバランスが

良いと、イベントでも大変評判でございます。

1974年製の、FG-600J。なかなか見当たらなくなりました。

 

トップはスプルース単板。サイド・バックは今ではこちらも

希少材であるニューハカランダ(ホンジュラスローズ)仕様。

写真の通り、綺麗な杢目がサイドに出ております。綺麗~♪

これ以下の品番は、従来のFGサイズ(ウェスタン)ですが、

この600Jから、Lシリーズと同じジャンボになります。

大きめのサイズから、溢れんばかりの響きがブンブン出て、

私もすっかりこのギターの虜になりました(笑)

さらに戦闘力を高めるべく、ナット・サドルには象牙を使い

さらにまろやかな、それでいて重厚な低音の響きが出ました。

ブリッジピンはエボニー製。とことん天然素材にこだわった

仕様となっております。

 

ネックの状態はまずまず。チューニング時に気持ち順反り。

少しハイ起きありますが、特に酷い音の詰まりやビビりは

ありません。弦高は12Fで2.7mm/2.3mm。FGらしい音を

出してくれるセッティングに調整しております。ロッドも

まだ締め側90度以上余裕あり、調整可能です。

目立つ傷もあまりなく、経年のスレ等はありますが、この

年代にしては綺麗な状態です。ペグも問題なしです。

フレットは6分くらい。まだまだ十分使用に耐えますよ。

 

純正ではありませんが、古いハードケースが付きます。

使用には十分耐える、しっかりしたものです。

当時ものの純正ハードケースは別売りとなります。

(金プレート7,000円~横ロゴ12,000円~)

 

FGイベントでも何故か人気の高い、バランスの取れた

600J。あまり市場でも見かけなくなりました。

ローズと象牙の醸し出す素晴らしい響きをご堪能下さい。

FG-600J(黒ラベル)象牙ナット・サドル仕様

¥75,000価格
  • 近畿:2,500円

    本州・四国・九州:3,000円

    北海道:3,500円

    沖縄・離島:5,000円