© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです

ミサハマギターがイチオシしているFGです。個人的には

70年代前半までのFGで、一番バランスが取れているモデルと

思っております(あくまで私感ですがね)。低音の響きと、

FGらしいジャキっとしたハリのある音のバランスが絶妙な

モデルではないでしょうかね?

トップが単板という事も要因の一つかも知れません。

 

さらに「FGらしさ」を出すべく、オイル漬け牛骨でナット・

サドルを作りました。高音の伸び・・・Dをストロークで

弾いた時の音はたまらなく気持ちいいですね♪

ジャリーンとハリのあるFGサウンドがパワーアップした様な

感があります!

それ以外はオリジナルです。あえてブリッジピンもエボニーに

換えておりません(ご希望ならば無料で換えます)。

 

ネックの状態はまずまずです。現時点ほぼストレートです。

ロッドも締め側まだ余裕あります。仕込み角の問題でしょうか・・

弦高は12Fで3.0mm/2.7mmと少し高めですが、さほど弾きにくい

印象もなく、ハイを多用する方でなければ問題ないかと。逆に

この弦高だからこそのサウンドでもあります!

 

経年のスレや小さな打コンありますが、目立つ物は本当に少なく

年代にしては綺麗な状態です。ペグの作動も問題なし。綺麗に

磨きましたのでピカピカです。

ネック裏もカポ跡等もほとんどなく、なめらかです。

フレットは6分くらい高さ残あり。酷い凹みはありません。

 

年代ものの中古ハードケース付(純正ではありません)。

多少汚れ等ありますが、十分に使えるものです。

 

送料は別途記載の通りです。

 

私が惚れ込んだ「FG-500J」これまで数本販売しましたが

どれも音は最高!黒ラベル最高!ですね。

ストロークでかき鳴らしてやって下さい♪

FG-500J(黒ラベル)1975年

¥33,000価格
  • 近畿:2,500円

    本州・四国・九州:3,000円

    北海道:3,500円

    沖縄・離島:5,000円