ハカランダ仕様の赤ラベルとして現在も人気のモデル、

FG-500。シャリーンと伸びる高音とズン!と響く低音が

魅力です。上質でFGらしからぬ?魅力的なサウンドが

人気の秘訣でしょうね。

 

さらに上質なサウンドにすべく、象牙でナット・サドルを

作成いたしました。また、ブリッジピンは牛骨製です。

低音はまろやかにずっしり響き、高音は綺麗に伸びます。

赤ラベルの中でも異質なくらいに美しい響きです。180と

比較すると、その上質さがよく分かります。

(180は元気良さと歯切れの良さがポイントですしね)

 

ワンオーナーの個体ですが、弦高がかなり高かった上に

フレットの妙な擦り合わせがあったので、フレットは

打ち替えております。出来る限り調整はしたのですが、

弦高は12Fで6弦2.8mm~3.0mmの間/1弦2.4mm程度と

FGらしいっちゃらしい弦高になっております。恐らく

ソロギターやリードギターには厳しいかな、と。

サドルの高さはほぼ限界で、1弦側はブリッジ上1mmの

高さがあるかどうかです。これ以上弦高を下げるのは

難しいかと思います。

ネックはチューニング時に僅かに順反りかな、程度に

調整しております。ロッドは締め側120度余裕ありです。

 

ペグはオリジナルのカバー付き。多少硬さやガタツキが

ありますが、チューニングに問題はございません。

経年のスレ、傷や打コンありますが、そこまで酷い物は

ございません。大き目の傷は写真にアップしてますが、

よく見ればわかるかな、程度です。割れ等ございません。

ネック裏も滑らかで、光沢もあります。

 

ヤマハの金色真鍮プレートの純正ハードケース付き。

送料は別途記載の通りです。

 

象牙ナット・サドルでさらに戦闘力増しております。

ソロギターにはキツい弦高ですが、ストロークならば

パワフルかつ美しい音色を出してくれますよ!

 

FG-500(1972年)赤ラベル

¥150,000価格
  • 近畿:3,000円

    本州・四国・九州:3,300円

    北海道:3,800円

    沖縄・離島:5,800円

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです