久しぶりに、オレンジラベルを調整してみました。

それまでの「ドカーン」と響くFGのサウンドが、

このシリーズから、現在のヤマハに近い、綺麗な

音系・・シャリーンと響く感じになりましたね。

FGらしい、歯切れのよいサウンドもしっかりと

感じられます。サイド・バックがコーラルローズと

なかなか良い材が使われておりますね。

シリアルナンバーがちょっと見にくいのですが、

おそらく1975~1976年製かと思います。

 

フレットがペッタンコでしたので、打ち替えました。

当然、フレットの高さは10割近く残ってます。

その際に、ナット・サドルを牛骨にて作成しました。

このモデル専用設計です。ブリッジピンは木製の

エボニーピンに交換。音量と中高音の煌びやかさが

更にアップした気がします。

 

ネックはほぼ真っすぐ。弦高は12Fで2.8mm/2.2mm。

もう少しだけは下げるだけのサドル高は残ってます。

ロッド締め側フルで余裕あります。

 

ゆーても50年近く経過したギターですので、経年の

打コンや傷はありますが、比較的綺麗な個体かと

思います。ペグも綺麗に磨いてピカピカで、作動にも

問題ございません。

ネック裏もまずまず綺麗な状態です。

指板1弦側のバインディングとナット間に2mmほどの

隙間がありますが、収縮によるもので、問題ありません。

 

ケースありません。当時ものの純正ロケットケースは

(真鍮プレート)別途7,000円にて添付出来ます。

送料は別途記載の通りです。

 

ちょっと重めですが、その分音も締まって綺麗なヤマハの

音がたっぷり出ております。フレット打ち替え済ですので

長く使えてお得ですよ!

 

FG-351(1975~6年)オレンジラベル

¥27,000価格
  • 近畿:3,000円

    本州・四国・九州:3,500円

    北海道:4,500円

    沖縄・離島:6,500円