私がこよなく愛する「黒ラベル」シリーズ!

時代を先取りし過ぎたのか、当時は人気がイマイチで

短命に終わりましたが、現代になってその音の良さで

評価が高くなっております。

今回は、マホガニーサイド・バックのフォークサイズ

「F」シリーズの中位モデル、250Fのご紹介です。

 

フォークサイズで抱えやすく、小柄な方や女性でも

使いやすいサイズです。しかし、サウンドはなかなか!

低音から高音まで、しっかりと出ております。

ナット・サドルという音の要となるパーツを、牛骨にて

作成しております。中高音がさらにクッキリとして、

FGらしい、ジャキジャキ感が増した感ですね。

もちろん、このギター専用に削り出しで作成しました!

 

ネックはまずまず。弦高が高かったので、ブリッジ部を

削ってサドル高を出す加工をしております。ブリッジの

ピン溝もサドルに寄せて、テンションを掛けております。

弦高は2.5mm/2.0mmにセットしております。弾きやすく

音量も十分あるかと思います。

フレットは過去に打ち替え済のようで、7~8分はまだ

高さ残っております。ロッドも締め側余裕ありです。

 

経年のスレや打コンありますが、性能を左右するものは

ありません。トップの日焼けも少なく、なかなか白いです。

年式にしては美品だと思います。ペグは近年もののヤマハ

FGについているペグに交換しております。

 

ペラペラの、当時らしいチェック柄のソフトケースが

付きます。時代を彷彿させるものですね~。

送料は別途記載の通りです。

 

約50年前のモデル。経年変化の音は近年モデルには決して

出せないものです。マホガニーの温かい、そしてFGらしい

サウンドを十分堪能出来ます。小振りで取り回しも楽で、

軽くて使いやすいですよ~!

商談中 FG-250F(1975年)黒ラベル

¥20,000価格
消費税込み
  • 近畿:3,000円

    本州・四国・九州:3,500円

    北海道:4,500円

    沖縄・離島:7,500円