ヤマハFG・・いや、ヤマハ・アコースティックギターの

パイオニア的存在のモデルです。まさにFGの長い歴史は

このモデルから始まりました!

発売と同時に大ヒットとなり、伝説とまで言われている

「赤ラベル」シリーズの初期型の扱いになりますね。

 

オリジナル設計のFGウエスタンサイズのボディー。

オール合板ながらも圧倒的な音量で、発売当初から特に

海外で評価が高かったと聞いております。

 

こちらはそのライトグリーンラベルでも前期モデルで

ヘッドロゴが小さいタイプですね。シリアルが5から

始まる初期モデルです。

サドルは牛骨で作りましたが、その他はオリジナル。

(フレットは打ち換えられてるかもですが・・)

ピックガードは浮いていたので貼り直しました。

ピン溝をサドル側に寄せる等、最低限の調整のみ実施。

オリジナル性を重視しております。

(オリジナル牛骨サドルも付属します)

経年の凹みや傷がありますが、性能を左右するような

ダメージはありません。エンドピンもオリジナルの

カバ材製のものです。

 

ウソは言えない性分ですんで、ハッキリ言います!

弦高はなかなか高いです。12Fで3.5mm/3.1mmほど

あります。ロー側ではそこまでですが、ハイになると

弾きにくいです。ただ、その代わりにえげつなく響く

低音ブンブンの音がたっぷり出ております!

間違っても、ソロギタープレイヤー、ハイ側を結構

使う方にはオススメ出来ません!!

ロッドは締め側まだ90度以上は回ります。あえて

気持ち順反りくらいにしております。

 

牛骨サドルはギリギリまで下げております。サドルに

テンションが掛かるように、ピン溝を寄せております。

ペグも硬いですが、チューニングに問題ありません。

サビもありますが、あえて削ったりしておりません。

 

もちろん当時もの、ヤマハ横ロゴのハードケース付!

送料は別途記載の通りです。

 

ブリッジを削れば、弦高は下がると思いますが、当方

オリジナルを重視してますので、あえて実施してません。

ご希望あれば相談の上実施します(返品不可となります)。

 

歴史的にもなかなか貴重なものですが、ネットで言われる

「激レア」「超希少」というものではないと思います。

ぶっちゃけ、結構世の中にありますから(笑)うちにも

コレクションだけで6本以上あるくらいですから。

ただ、確実に普及本数は減っていきます。歴史的モデルを

所有されるのもいいのでは?と思います。

FG-180(1966年)ライトグリーンラベル

¥138,000価格
消費税込み
  • 近畿:3,000円

    本州・四国・九州:3,500円

    北海道:4,500円

    沖縄・離島:6,500円